エステ業界への転職成功法~入社ではなく、独立~

成功するための秘訣を知りましょう 成功するための秘訣を知りましょう

転職後にエステサロンを開業する方法

エステ業界の転職における成功法として、独立があります。実はエステティシャンには開業のために必要な資格はなく、資金さえあればいつでも独立できます。ここでは、そんな独立の成功法を紹介していきます。

独立開業を行なう際の重要ポイント

他の店舗との差別化を図る
エステ業界は需要が高い分、多くの企業が参入しているため、激戦区となっています。具体的にいえば、開業して3年間経営が続いている店というのは1割程度です。それほどこの業界は競争が激しいのです。そのため、ポッと出の個人店が成功するためには他のお店との差別化を図る必要があります。
サービスの充実化を目指す
差別化の中で一番ベストなのが、サービスの充実化です。他の店舗よりも良いサービスをするように心がけ、口コミによって運良く広がっていけば、お店は軌道に乗りやすいです。また、他の店舗が行なっていないサービスを利用するのも高い効果を発揮しますよ。しかし、奇をてらいすぎてニーズのないサービスを提供しないようにお気をつけください。
人脈や営業力をフル活用する
人脈と営業力は、独立してからのほうが重要です。人脈があれば多くの人が店舗を利用してくれるかもしれませんし、その人脈を作るためには高い営業力が必要です。独立で成功を収めるには、この2つは必要不可欠です。今現在自分の勤め先がどんな営業努力をしているか、しっかりと見て学びましょう。

サロンの開業は誰でも行なうことができます

前述したように、エステサロンの開業は誰にでもできます。しかし、成功するかどうかというのは全くの別問題であり、無策で挑むと十中八九失敗します。成功をおさめるためには十分なスキルと人脈、そして経営戦力です。よって、独立を行なう前にまずはきちんとプランを練りましょう。

TOPボタン